ページの先頭です

建設しようとしているごみ処理施設

[2019年6月19日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 平成30年策定の「彦根愛知犬上地域新ごみ処理施設整備基本計画(案)」では、平成20年策定の「湖東地域広域ごみ処理施設整備基本構想」で定めた基本方針を踏まえ、施設の安全性・ごみ処理の安定性を重視しつつ、地域のごみ処理・環境問題への意識喚起の拠点となる施設を目指すものとします。

※施設規模の設定にあたっては広域化を機に1市4町の分別方法の統一化を前提として検討を行い、統一案をケース1〜3の3通り想定しました。

  1. 容器包装プラスチックおよび廃食用油を燃やすごみに含め、かつ古紙・衣類は収集および直搬を含め新ごみ処理施設へ搬入する場合
  2. ケース1に比べ古紙・衣類の受入は直搬のみとする場合
  3. ケース2に比べ容器包装プラスチックおよび廃食用油を分別する場合


ごみ焼却施設 (熱エネルギー回収施設)

・ 処理対象ごみ

  1市4町から発生する可燃ごみ(産業廃棄物は対象外)

・ 施設規模等

  144~147t/日 (24時間連続炉)

・ 処理方法

  「ストーカ式焼却方式」の採用を予定

・ その他

  熱エネルギーの有効活用

リサイクルセンター(マテリアルリサイクル施設)

・ 処理対象ごみ

  1市4町から発生する、不燃ごみ、粗大ごみ、資源ごみ(缶・金属類、びん類、ペットボトル、古紙・衣類、乾電池・廃蛍光管等)

  ※ケース3を採用した場合は容器包装プラスチックおよび廃食用油含む

・ 施設規模等

  31~35t/日

・ 設備の種類

  粗大ごみ等破砕選別設備、缶類選別圧縮設備、びん類選別設備、プラスチック類圧縮梱包設備など

・ その他

  環境学習施設の併設

お問い合わせ

彦根愛知犬上広域行政組合 建設推進室
電話: 0749-35-0015 ファックス: 0749-35-4711
E-mail: genaiken.kouiki@jupiter.ocn.ne.jp

建設しようとしているごみ処理施設への別ルート

このページの一番上へ